テーラーメード薬剤師になれ!
 
ともすると我々調剤薬局やドラッグストアの経営に携わるものは、薬剤師の必要性を自分たちの必要な形態に同化させようとしてはいないか?
 
薬剤師の思い(研究開発職や行政関連職)以外
 
こんな思いを表にすると
  一般的
調剤薬局
ドラッグ調剤
併設型
門前薬局 病院調剤部
かかりつけ薬局としては
OTC 提案は活発にできますか × × ×
全国へは移動したくないですが × ×
医師との連携はありますか ×
本人希望の移動やスキルアップ × × × ×
栄養士など総合医療としての取り組みは × × ×
勤務環境や立地は良いですか × × ×
処方箋解析力の強化は可能か × ×
勤務j時間は短いですか × ×
自宅医療は可能ですか × ×
自社の教育システム認定薬剤師 × × ×
漢方の取り組みは × × × ×
 
今でも病院勤務を進める大学がまだまだ少なくありません。その理由を聞いてみると「最先端の医療と知識を得られるから」とのこと。それがないとは言いませんが、果たしてそれだけで就職先を決めてしまっていいのでしょうか?
多きな組織になればなるほど、個人が得られる情報も限られ、仕事は歯車的になっていきます。4年制で実習に行くのが病院だけという方には、極めて身近な選択肢なのでしょうが、薬学生の活躍の場はそれだけではないはずです。
たとえば、調剤薬局の薬剤師。医薬分業システムの浸透とともに、今や地域医療の重要な担い手となっています。また、ドラッグストアの薬剤師も、より身近な健康へのアドバイザーとして認知度も上がっています。製薬メーカーの研究職、MRしかり、治験に関わる受託臨床試験機関(CRO)と、実にさまざまな活躍の場があるはずです。
そういう中で、自分がどんな仕事をやっていきたいか、どの仕事に向いているかを冷静に分析することから、本当の就職活動が始まると思います。