薬剤師のお仕事


薬剤師のお仕事
患者様と向きあいたい
病院薬剤師
調剤薬局薬剤師
ドラッグストア薬剤師
調剤薬局の薬剤師とは
研究開発者・行政・教育者として
直接患者様と向き合いたい
患者様に一番近い医療人として
  何気ない「なぜ」を聞ける身近な医療人として、これからも今後も頼れる医療相談員としての薬剤師であり続けたい。
街の科学者としての誇りを持って
  直接ドクターに聞けない事を、患者様の目線で街の科学者として伝えていきたい。
人と接する仕事でありたい
  良き相談員として「貴方のかかりつけ薬剤師として気軽に相談してくれるとうれしいな!」そんな思いで患者様に接していたい。

テーラーメード薬剤師になれ!薬剤師の業務を分かりやすく一覧で見よう!

病院薬剤師 総合医療の牽引役として担ってきた役割はきわめて大きい
外来、入院を問わず医療の先端を担っている業態です、今後も各科目との連携を維持しつつ
先端医療を担っていくことでしょう、ただ国の医療指針では、外来患者は院外薬局へとの
方針もあり、今後も処方せんは院外薬局での応需比率が高くなっていく様です。

病院薬剤師
 
処方箋の種類や量
  公立病院の処方箋量は1日平均400枚と  
   
  言われています、行政指導で院外処方率が  
   
  今後も増えていくことを考えれば病院内での  
   
  処方箋は減少していくと思われます。  
   
働く職場環境
  大型病院(公立病院、私立病院)の立地には  
   
  広大な敷地が必要となります。  
   
  就業者の環境は駅などからの通勤等を  
   
  考えれば不利となります。  
   
医療機関との連携
  病院内での医師や看護師、栄養士との連携が  
   
  可能のため、入院患者、外来患者に対する  
   
  連携医療行為は十分可能です。  
   
教育環境
  病院内など医局との意見交換は可能ですが、  
   
  薬剤師の教育は病院の規模や意識の高さに  
   
  より大きく異なる様です。  
   
   

 

調剤薬局薬剤師 時代の変遷で大きく変わりつつある調剤薬剤師
町の身近な医療相談員として、かかりつけ薬剤師として、今後も大きくクローズアップされて
いく事でしょう。また業態(門前、大型医療ビル型、単科の薬局)により大きく変わるようです。


調剤薬局薬剤師

注目 薬剤師の業務ってなんだろう?じゃ~見てみよう!
 
処方箋の種類や量
  処方箋を専門に扱う薬局ですが種類や量は  
   
  様々です。  
   
働く職場環境
  薬局の規模により大きく変わります。  
   
医療機関との連携
  擬義照会が中心となります。  
   
教育環境
  会社の規模や取り組みの意識の高さに左右さ  
   
  れます。定期的な勉強会はメーカーや薬剤師  
   
  会の定期研修会に参加させるだけだったり、  
   
  自社でオリジナルの研修を行う会社など様々  
   
  です。  
   
   

 

ドラッグストア薬剤師 物販の延長線で始まった業態
極めて競争の激しい現場です。調剤は店舗の品揃えの一部として、物販、OTC販売をメインで拡販を続ける多くのドラッグストア業界がこれから目指すものは何か不安定な要因も多い様です。


ドラッグストア薬剤師
 
処方箋の種類や量
  極めて少なく最小の在庫と薬剤師の人員での  
   
  調剤業務となります。  
   
働く職場環境
  OTCは豊富な品揃えで多くのお客様に満足を  
   
  与えられる様な商品をそろえています、社員  
   
  の環境は土、日の出勤や休憩室の完備など  
   
  総合点が高いとはいえません。  
   
医療機関との連携
  処方箋に対する医療機関に対する擬義紹介  
   
  ぐらいで、ほとんど無い様です、取扱い商品  
   
  としての調剤業務の意味合いが強い。  
   
教育環境
  会社の規模や取り組みの意識の高さに左右さ  
   
  れます。定期的な勉強会はメーカーや薬剤師  
   
  会の定期研修会に参加させるだけだったり、  
   
  自社でオリジナルの研修を行う会社など  
   
  様々です。