薬剤師のお仕事


薬剤師のお仕事
患者様と向きあいたい
病院薬剤師
調剤薬局薬剤師
ドラッグストア薬剤師
調剤薬局の薬剤師とは
研究開発者・行政・教育者として
調剤薬局の薬剤師とは

門前薬局
  病院の調剤のみに特化した薬局の業態です、薬の種類も
多様ですが医療の多面性から見るとパターン化されています。
 
処方箋の種類や量 働く職場環境
  病院の門前に店舗を構え、患者様の利便性の良い場所で処方箋を応需しています。処方箋の種類も多く様々な処方に関する勉強ができます。  
  病院の前立地のため駅から遠いことが多い、複数の薬局による競争が激しいことから薬剤師の資質に注意が必要である。  
       
医療機関との連携 教育環境
  医師との連携は擬義照会が中心となり、調剤業務だけに特化している業態です。  
  会社の規模や取り組みの意識の高さに左右されます、定期的な勉強会は定期研修会に参加させるだけだったり、自社でオリジナルの研修を行う会社など様々です。  
 

 

大型医療ビル型薬局
  働く環境や医療機関との連携も栄養士を加えた総合医療
としての薬局を目指した大型薬局なども現れています。
 
処方箋の種類や量 働く職場環境
  入居している診療科目によるが平均4科から6科目程度で近隣の広域病院の処方箋応需もあり、処方箋の種類も多く多様な処方箋を扱うことが可能です、また薬剤師の資質や性格により、中型店、大型店、超大型店と多様なニーズに対応が可能です。  
  多科目で多くの多種の処方箋を扱うことは、多くの経験値を得ることになりますが、好立地に大型の医療群を配置することは簡単にできないため、実態は雑居ビルとなっています、全国的に超大型の医療ビルを有する薬局は多くありません。  
       
医療機関との連携 教育環境
  疑義照会が中心となりますが、薬局の規模にもよりますが、栄養士など食のプロを加えた多面的な対応をしている大型薬局も現れています。  
  組織力、など大規模店舗展開中の薬局がシステマティックに独自に実施できる優位性はあります。  
 

 

単価薬局
  極めてコンパクトに隣の医院とのつながりだけを目指した薬局で画一的な薬局です。
 
処方箋の種類や量 働く職場環境
  処方せんを専門に扱う薬局ですが種類や量は、隣の医院の規模などに大いに左右されます。  
  薬局の規模により大きく変わりますが個人薬局としての経営が多く広がりは弱いようです。  
       
医療機関との連携 教育環境
  疑義照会が中心ですが科目が限られているため、単調な業務になりがちです。  
  定期的な勉強会は定期研修会に参加させるだけだったりと、少しオリジナリティーに欠ける部分があるようです。